保険

生命保険の選び方 チェックポイントを確認

生命保険の選び方 チェックポイントを確認

この記事の早わかり要約

  • いざというときに給付が受けられないという事態を避けるために、生命保険の加入や見直しの際は、事前の内容確認が重要です。
  • 非喫煙者割引の適用の範囲や、給付対象の手術かどうかは特に確認しておきたい事項です。
  • 上手に保険選びをするためにも、自分の生活習慣や保障内容、検討している保険が適正かどうか見極めることが大切です。

生命保険を考える上での注意点とは?

生命保険は数多くの種類があり、加入や見直しの際は迷ってしまうという人もいるでしょう。さらに迷ったあげく、思わぬことで失敗してしまった!という経験がある人もいるのではないでしょうか。今回は、生命保険を考える上で気をつけたいポイントを見ていきましょう。

 

ケース1 お宝保険と知らずに解約

生命保険には「お宝保険」と言われるものがあります。それは、予定利率が高く、資産形成としての役割が大きい保険です。

 

過去に加入した契約を継続されている方は、一度保険証券を確認してみると良いかもしれません。

 

今ではそのような資産形成機能の高い保険は、外貨建て保険を除き、少なくなっています。今加入している保険の内容をよく知らずに見直しをしてしまって大後悔!ということがないように注意しましょう。

 

ケース2 非喫煙者割引が非適用

保険会社によっては、喫煙者と非喫煙者の保険料に差をつけている商品がありますが、非喫煙者の方が保険料は安く設定されています。

 

しかし、最近まで喫煙をしていた人が、禁煙に成功したからと言って、すぐに非喫煙者割引が適用されるかというとそうではありません。

 

非喫煙者割引の適用は、過去1年間もしくは2年間喫煙をしていないことを条件としているところがほとんどです。したがって、せっかく禁煙に成功したからと言って、非喫煙者割引で申し込みをしても、割引が適用されない場合があるのです。

 

診査の際に試薬を使って検査をするため、最近まで喫煙していた場合はすぐに判明してしまいます。さらに、告知義務違反をすると、その後に他の保険に加入することが難しくなってしまう場合もあるのです。

 

ケース3 給付金が出ない手術がある

保険の内容は保険会社によって異なる点があり、その中でも手術による給付は差があります。加入した時期、加入した保険会社、保険の内容によって、対象となる手術が異なる場合が考えられます。

 

見直しをしたことで対象外となり、給付を受けられなくなったというケースもありますので気をつけましょう。

 

また、新しい保険の方が適用範囲が広いことがほとんどです。

 

上手に保険選びをするために

保険選びで失敗しないためには、わからないまま自分で判断せず、複数の意見、できればプロの意見を聞くことが第一でしょう。ファイナンシャルプランナー(FP)は、保険の知識が豊富なので、保険選びに不安がある方は一度話を聞いてみても良いかもしれません。

保険の相談相手の選び方

 

頼りになるFPの存在

「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか?

 

資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。

 

ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

 

 

おさらい

  • いざというときに給付が受けられないという事態を避けるために、生命保険の加入や見直しの際は、事前の内容確認が重要です。
  • 非喫煙者割引の適用の範囲や、給付対象の手術かどうかは特に確認しておきたい事項です。
  • 上手に保険選びをするためにも、自分の生活習慣や保障内容、検討している保険が適正かどうか見極めることが大切です。

(最終更新日 : 2020年5月28日)

この記事は役に立ちましたか?

  • はい
  • いいえ

マネードクターナビの記事を評価してくださり、誠にありがとうございます!
保険の見直し以外にも、家計や貯蓄、資産運用などお金にまつわるご相談を承っております。

[無料] FP相談する
0120-800-857[平日]9:00~20:00[土日祝]9:00~18:00
0120-800-857[平日]9:00~20:00[土日祝]9:00~18:00
PAGETOP