三浦 正博(みうら・まさひろ)FP

出身地
東京都生まれ
趣味
40歳を過ぎて、作詞・作曲に芽生えました。バンドを率いて、毎年秋にライブを開催しております。
自分の性格
情にもろく義理に厚い、常に前向き
一番感動したこと
思春期以来ロクに口も聞かなかった一人息子と、彼の成人のお祝いに二人で寿司屋に行って酒を飲みながら、いろいろな話をしたこと。早く親父を亡くした自分にとってジーンとくる出来事でした。
対応エリア

アピールポイント


大手証券会社で資産運用の仕事に12年間、その後、外資系生命保険会社にて保障及び個人年金販売の仕事に11年間従事して参りました。
その経験を存分に活かしております。

お金の相談では、どのようなご相談をいただくことが多いですか?


私のキャリアが証券出身ということもあり、今後の円ドル相場の行方や現在保有の投資信託の状況分析、NISA口座の仕組み等々、いわゆるマーケット市況に関する質問を数多く受けております。
私も嫌いな方ではありませんので(笑)ついつい話し込んでしまいます。
また、私の息子が東京の私立大学の理工系に通っており、子育て世代の方から興味津々な質問をいただいております。
実のところ、本当にお金がかかります。
誕生と同時に、しっかり計画的に貯蓄してきて本当に良かったと思います。
そんな自分の経験も大いにお役に立っているようで嬉しいです。

一番印象的だったご相談内容


子育て世代のお母さまからのご相談で、自分の親から教育資金にと3名のお子さまに対し数百万の贈与を受け、その運用にどうしたら良いか悩んでいるという相談でした。
可愛いお孫さんのためという祖父母さまのお気持ちを汲みとり、極力安全な運用をしつつ少しでもリターンが良い商品を…という難しい内容の相談でした。
自分なりに精一杯考え抜き、選りすぐりのプランを設計させていただきました。
お金を出した祖父母さま、贈与を受けたお母さまの前でプランをご説明させていただいた後、「これならば安心してお金を預けられます」というお褒めのお言葉をいただき、本当にお役立ていただいたのだなと感動したことをつい昨日のように覚えております。

お客さまに伝えたい、ココだけのお金の話


私は20歳という若さで自営業の父親に先立たれ、本当に生活苦に陥りました。
当時、父が営んでいた商売はうまく行ってなかったことは充分知っており、加えて住宅ローンで四苦八苦している両親を見ておりましたので、これから家はどうなるのだ!?と、どん底の気分を味わっていました。
そんな時、母の発した「もう住宅ローンは終わったから…」という言葉に仰天したことを思い出します。
この時初めて保険の凄さに接しました。保険は人類の叡智ですね。

最後に一言メッセージ


がん遺児、証券投資の成功と失敗、転職歴、住宅ローンの返済中、私立大学生(しかも理科系の賃貸暮らし)の親、等々、人生経験豊富でございます。
自己の実体験に基づいた有益なアドバイスをモットーとしております。
何でもお気軽にご相談ください。

マネードクターとは、ライフプラン、保険、年金、税金など、人生において大切なお金のことを、お金のプロ・ファイナンシャルプランナー(FP)にご相談いただけるサービスです。ご相談は一度きりではなく、かかりつけ医のようにいつでもお気軽に何度でもご相談いただけます。マネードクターのFPは一人ひとりの人生を豊かにする一生のパートナーです。