中妻 敬一
Keiichi Nakatsuma

[対応エリア]
群馬県 埼玉県 栃木県
[出身地]
群馬県生まれ
[趣味]
3歳の娘と遊ぶこと、商工会青年部活動(お祭りや各イベントに参加すること)
[自分の性格]
何事も前向き、好奇心旺盛
[感動したこと]
娘を初めて抱き上げたときに、自然と涙がこぼれたのを鮮明に覚えております。

低金利の時代にどうすれば、賢くお金を貯めることができるのか?自分の資産を守るためには、どうしたらいいのかを、保険だけでなく様々な視点からのプランニングをしております。

Q. どのような相談が多いですか?

教育資金、老後資金、相続、介護、事業保険など幅広いご相談を受けます。頭の中で、漠然と考えられていた資金を数字に表し、その資金をどのように準備していけばよいのかをアドバイスさせていただきます。
万が一、ご主人がお亡くなりになった時の生活費、入院したときの医療費、遺族年金や、高額療養費制度など、公的制度をご説明したうえで、さらにそれを補完する形でどれくらいの保障をご希望されるのか、お客さまとご一緒に考えていきます。

Q. 印象的だった相談内容

お子さまが産まればかりのご夫婦からの相談で、叔母から加入している保険をみてくださいとのことでした。
まずは、キャッシュフロー表を作成し、必要保障額をご提示させていただきましが、残念ながら、保障額が足りませんと説明をさせていただいたところ、愕然としておりました。
「今加入中の保険はやめられないけど、中妻さんから保険を加入したい」と言っていただき、ご主人の保障差額分の保険と奥さまから保険をお預かりしたことがとても嬉しかったです。

Q. お客さまに伝えたい、ココだけのお金の話

今、多くの情報が飛び交い、何がいいのか中々わかりません。
このまま銀行に貯金をしているだけで大丈夫?老後の為にいくら貯めればいいの?子供のお金はどれくらいから、いくら用意したらいいのか?投資は失敗するのが怖いので、自分にもできるか不安・・・などなど多くのご相談を承りますが、一番大事なのは周りの方のやり方よりも
『ご自身、ご家庭に合った形でお金を増やしてゆくこと』

Q. 一言メッセージ

出逢いとご縁に感謝、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

PAGETOP
[相談は無料] お気軽にお問い合わせください