0120-800-857[平日]9:00~20:00[土日祝]9:00~18:00

吉住 京子
Kyouko Yoshizumi

[対応エリア]
福岡県 佐賀県
[出身地]
福岡県生まれ
[趣味]
子どもを生んでヨガを始めました。
[自分の性格]
決めたことはすぐ行動し、頼りにされると要望に応えたいと努力します。
[感動したこと]
小4になる長女が冬休みに毎日お弁当を作ってくれたこと。

結婚資金、教育資金、住居購入資金、老後生活資金など、ライフイベントごとに大きなお金が動きます。
漠然としたお金の不安が大きくなりがちですが、いつから、どのように、どうやって準備するのかを計画的に楽しんで準備できるようにお手伝いいたします。

Q. どのような相談が多いですか?

「貯蓄を多くするにはどうしたらいいか」というご相談を多くいただきます。
私自身が貯蓄をすることが好きなので、目標金額や受け取りたい時期をおうかがいして、それぞれの目的に合った貯蓄プランを作成しご提案いたします。
お金が貯まらないという方には、無理のない金額を長期的に定額を貯蓄する仕組み作りをアドバイスします。

Q. 印象的だった相談内容

友人が結婚し保険を見直す検討をしていましたが、第一子を妊娠した際に子宮頸管の異形成が見つかってしまいました。
数年にわたる経過観察と療養をしつつ、友人は3人の子どもを授かることができました。
3人目を産んだ後の経過観察の検査・診察後に、担当医師から「今度は地域の健康診断に行ってください」と言われたそうです。
友人は3人の子どもを授かっている間に、異形成だった細胞が通常の細胞に戻り健康体として保険を見直すことができました。

Q. お客さまに伝えたい、ココだけのお金の話

子どもの習い事は毎年いくらかかるかご存知ですか?
小さい頃は水泳、ピアノ、そろばん、習字など様々ありますよね。
子どもの年齢が上がり受験シーズンともなると、短期講習の費用も月謝とは別に必要になり教科ごとにも費用が発生したりします。
教育資金とは、高校や大学に入学してからの費用に対して用意するものですから、それ以外にかかるお子さんの費用準備も一緒に用意しておくことをお勧めします。
お子さまに関わるお金で重要なのは、大学時代の教育資金をきちんと準備することです。
無理なく上手に貯蓄する方法をお話しできればなと思っています。

Q. 一言メッセージ

知りたいことをたくさん聞いてください。同じ質問でも丁寧にお答えします。

0120-800-857[平日]9:00~20:00[土日祝]9:00~18:00
LINE
0120-800-857[平日]9:00~20:00[土日祝]9:00~18:00
PAGETOP