0120-800-857[平日]9:00~20:00[土日祝]9:00~18:00

小坂 寛
Hiroshi Kosaka

[対応エリア]
北海道
[出身地]
青森県生まれ
[趣味]
ゴルフ
[自分の性格]
明るく前向き、相当ポジティブだと思います。
[感動したこと]
ずっと憧れだったアーティストと直接お会いした瞬間。

お金を貯めるうえで最も重要なのは、なんのための貯蓄なのかを確認したうえで、
①いつまでに?
②いくら?
③積み立て方法は?
この3点をそれぞれの目的に合わせて明確にしていくことです。
せっかく頑張って貯めたのに、足りない、充分な金額が引き出せないなどのさまざまな弊害が考えられます。
事前にそのようなことがないよう、①~③を確認しておくことがベストです。

Q. どのような相談が多いですか?

教育資金の積み立てに関するご相談が多いですが、皆さまに共通しているのが子ども手当の15,000円くらいを漠然と貯めたいというケースです。
ただ、お客さまの話をおうかがいしていくと、「奨学金などは借りずに大学までは出してあげたい」というご希望がありました。
15,000円の積み立てでは相当な不足が出ることを伝えると、皆さま最初はショックを隠せない様子ですが、お子さまの将来のために真剣に家計を見直しして、改めて真剣に考え始めるという流れになる方が多いです。

Q. 印象的だった相談内容

35歳まで定職につかずDJになるという夢に向かい続けた方が、結婚、お子さまの誕生により夢を断念し、アルバイトではありましたがお仕事を決めたうえでご相談に来られました。
お客さまご夫婦のお話をうかがったうえで必要な保障の話から積み立ての話と続けていくと、ご主人さまが涙され、「自分の考えの甘さがよくわかったので、正社員の仕事に就いたうえでもう一度来ます」とおっしゃられ、半年後に再度ご相談に来られたこと。

Q. お客さまに伝えたい、ココだけのお金の話

多くのお客さまの共通点として、銀行で貯蓄しているという点があります。
「なぜ銀行なんですか?」と聞くと、
「増えないことはわかっているが、減らないことが安心」という声をよく耳にします。
増える可能性、減る可能性について、一緒に考えていきましょう。

Q. 一言メッセージ

「保険の相談イコール加入させられる」
ということは決してありませんので、お気軽になんでもご相談ください。

0120-800-857[平日]9:00~20:00[土日祝]9:00~18:00
LINE
0120-800-857[平日]9:00~20:00[土日祝]9:00~18:00
PAGETOP