関 広幸
Hiroyuki Seki

[対応エリア]
新潟県 福島県 山形県
[出身地]
新潟県生まれ
[趣味]
サッカー観戦、鉄道旅行、ドライブ、街歩き
[自分の性格]
明るく元気。周囲の人からは「パワーを貰えた」と言われるときもあります。
[感動したこと]
疲れ切って登った北アルプスの白馬岳山頂で見た、プラネタリウムみたいな満天の星空です。

お金の貯める目的は人それぞれです。それぞれのお客さまにおきまして「いつまでに」「どれくらい」を明確にし、そのお客さまに合ったマネープランニングをご提案しながら一緒に考えさせていただきます。

Q. どのような相談が多いですか?

病気やケガといった不測の事態への備えに加えて、話題になっている「老後資金2000万円問題」を受けた将来への資金運用の相談が多いです。将来に向かって、今の生活でどこから資金を捻出すればいいのかが分からずに困っているというお客さまが多いので、相談されるお客さまに寄り添いながらお話をうかがい、マネープランの作成をお手伝いさせていただいております。

Q. 印象的だった相談内容

将来への医療・がんに対する備えと老後資金の確保で相談をされた50歳代の男性が、最新のがん治療に対応した保障内容でお申し込みをいただいた1年後に、前立腺がんに罹患されました。
今でも年1回の定期健診を受けられていらっしゃいますが、「老後への備えは『生活資金の確保』と『万一の時の保障』が大事だ。あの時、自分自身の将来を考えてバランスよくマネープランを作成しておいてよかった」と感謝されたときには、お客さまの前で涙を流してしまうほど感動しました。

Q. お客さまに伝えたい、ココだけのお金の話

「老後の生活資金をどのように貯めるか?」
超低金利社会の現在、「そんなことを突然言われても…」と不安に思う方が多いと実感しております。
最近では、テレビや雑誌、ネットなどで「お金の貯め方・増やし方」に関する記事や特集が溢れています。これらを目にしたときに「どの情報が自分の生活に合うのか」と悩まれたりしませんか?
そのお気持ち、とてもよく分かります。その思いをお持ちの方こそ、是非ともお気軽にFPにご相談をいただきたいです。

Q. 一言メッセージ

病気や事故といった万一の時への備えや将来への資金形成など、お気軽にご相談してください。

PAGETOP
[相談は無料] お気軽にお問い合わせください