ご相談事例 04 保険料をできるだけ節約して老後に備えたい

身近な家計のことや保険のこと、さらには資産運用のこととか「お金の相談」って誰にすればいいのだろう。マネードクターはそんなあなたの頼れる相談相手です。

保険料をできるだけ節約して
老後に備えたいです。

加入中の保険について更新の連絡があったが、更新後の保険料はとても払えそうにありません。自分たちの老後にも備えたいので、家庭状況にあった保険がないか見直しをしてほしいです。

お悩みポイント

  • 保険の更新で保険料が上がる
  • 老後にいくら必要なのか、備えられるか不安
  • 万が一の時に家族を守れる保障が欲しい

相談者プロフィール

[相談者] 女性(50歳)
[家族構成] 夫(52歳)、子2人(大学生、高校生)
[保険料] 30,000円/月
※世帯総額
[死亡保障] 5,000万円
(医療特約多数)

ではマネドクに
相談してみましょう!

旦那様の定期付終身保険に加入中ですね。ご加入は30年前のようですね!

はい。見直しをするのはこれが初めてで、正直、保険の内容は覚えてません。

分かりました!
ではさっそく見ていきましょう。

マネドクが気になった
旦那様の保険

現在の保険は[保険料] 30,000円/月。

更新後の保険料は、今の倍以上の7万円になる。
お子様の教育費は貯蓄でまかなえる状態であり、5,000万円の多額な死亡保障の必要性は薄い。

死亡保障は、多ければ多いほど良いと思っていました。

万が一のことを考えると不安ですよね。でも、きちんと貯蓄されていてお子様も成長されているので、死亡保障の必要性は少ないです。

そうなんですね。

はい。なので保険の見直しをしつつ、ご不安を抱えている老後に備えられるようにしましょう!おすすめのプランはこちらです。

乗り換えをお勧めする
保険プラン

旦那様の保険

医療保険
保険料 3,000円/月
入院保障 10,000円/日

※特約を自由に選べるタイプ

がん保険
保険料 3,000円/月
診断給付金 100万円

2つの保険に切り替えても、合わせて6,000円の保険料なんですね!

医療保険については、入院保障が付いているのと、特約を自由に選べるタイプになります。

自由に特約を選べる保険もあるんですね。

はい。がん保険は、がんと診断された場合に、まず給付金が受け取れます。初期の段階で多額のお金を受け取れるので、治療費の工面が楽になるのがメリットです。

確かにそれは安心できます。

あとは、老後の備えにおすすめしたいのが…

老後の備えに
おすすめする保険プラン

ドル建て終身保険
(保険料 300ドル/月)

10万ドルの死亡保障。老後の備え代わりとして活用。

浮いた保険料をそのまま貯蓄に回すより、終身保険で備えた方が良いんですか?

終身保険なら、一定期間を越えて解約した場合に、支払った保険料以上の解約返戻金があるのがメリットです。

それなら普通に貯金するよりも良いですね。

それに、万が一の場合は死亡保障もありますよ。

貯蓄しながら万が一にも備えられるのは安心ですね。

今回のケースのまとめ

  • 本当に必要な保障額を算出し、必要な保障を取捨選択。
  • 資産形成できる保険を提案し、保険料の節約と貯蓄を同時に実現。

過剰な保障を見直し、保険料を大幅に節約。
また教育費は貯蓄でまかない、老後の備えとして保険を活用した。

BEFORE

アカウント型保険

保険料
30,000円/月
死亡保障
5,000万円

(ほぼ掛け捨て・医療特約多数)

AFTER

アカウント型保険

がん保険

保険料
3,000円/月
診断給付金
100万円

医療保険

保険料
3,000円/月
入院保障
10,000円/日

※特約を自由に選べるタイプ

ドル建て終身保険

保険料
300ドル/月
死亡保障
10万ドル

※一定期間を越えて解約した場合、支払った保険料以上の解約返戻金があるため、老後の備え代わりとして活用。

保険も、家計も、将来のお金も。
大切なお金のこと、
いつでもご相談ください。

無料FP相談のご予約はWEBでもお電話でもお気軽に。

TEL

0120-800-857

[平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00

FP相談を予約する 相談無料
無料FP相談のご予約はWEBでもお電話でも